借金にも時効は存在するのか

良く、事件等で未解決のまま月日が流れて何年後かに時効を迎えると言いますが、簡単に言えば時効とは物事が一定の期間を過ぎる事でその事が無効になってします事を言います。

ちなみに借金もずっと払い続けないでいると時効となるのか、と言う事に関してですが、結論から言えば借金にも時効は存在します。

借金の時効とはどのような物か、と言うとまず時効とは消滅時効と取得時効の2種類があり、借金に関係ある時効は前者の消滅時効となります。

消滅時効とは、一定の期間、権利が行使されなかった場合、その権利を消滅させる時効の事を指し、つまり一定の期間借金を主張しない場合に限り時効は成立する、と言う事になります。

では借金の時効についての期間ですが、まず債権者と債務者との間で金銭消費貸借契約と言うのを結び、その翌日から法人等が利用する商用目的の借金であれば5年、個人の借金であれば10年となります。

時効の注意点として、金銭消費貸借契約を交わしてから時効が進むのですが、これはあくまでも契約を交わしてから一度も返済がなかった場合のみに対してであって、一度でも返済を行った場合は返済の翌日からまた更に5年ないし10年で時効、となります。

もう一つの注意点としては、あくまでも権利を行使しなかった場合、と言う部分です、これは債権者が債務者に対して借金を主張しなかった場合、と言う訳で、その間に一度でも借金を主張された場合はその時点で時効は無効となり、返済しなかったからと言って時効を主張する事が出来なくなってしまいます。

カードローンの延滞によって生じる問題と適切な対策

カードローンで借りたお金の返済が遅れてしまうと、カードローン会社から返済を催促する連絡が来てしまいます。利用者のプライバシー保護の為に、連絡は個人宛てに行われるのが一般的です。しかし、連絡が取れない場合や尚も延滞が続く場合には勤務先に連絡が来てしまう可能性もあるので、注意しましょう。
返済に遅延が生じた場合に発生する問題のもう一つが、遅延損害金です。これは延滞に対する罰金のようなもので、通常の利息に加え、各カードローン会社が定める損害遅延金を支払わなければなりません。カードローン会社では遅延損害金が年率20%に設定されていることが多いので、仮に低金利でカードローンを利用していたとしても、延滞によって生じる利息負担が劇的に増えてしまうことになります。
遅延損害金は、返済期日を一日でも過ぎてしまうと発生することになります。きちんと返済するまで遅延損害金の利率が適用になってしまうので、一日も早く返済することが求められます。
どうしても返済期日に返済資金が集まらない場合は、必ず事前にカードローン会社に相談しておきましょう。事前に相談をしていても遅延損害金は発生してしまいますが、事前にきちんと返済予定日を連絡しておけば、催促の連絡が来る心配はなくなります。また、場合によっては利息分のみの支払い等で対応してくれるカードローン会社もあるので、返済に遅れそうな時はきちんと適切な行動をとるようにしましょう。

返済できない借金をすることの恐怖

借金は返す前提で行うものですけど、返せない場合も当然考えられると思います。
しかし、借金を返すことができないと、利息がどんどん増えていって、益々返せなくなってしまうという悪循環になります。
借りた当時は返せると踏んでした借金はしょうがないですけど、借りた当時から返せるか?どうか不安を抱えるようなケースでは、絶対に借りない方が良いと思います。
特に奨学金を返せない人たちの問題が世間で話題になっていますけど、この奨学金も借金と同じです。
そして、借りた本人が返済をしていくとなれば、これはまさしく返せるか?どうかが分からない借金に該当するでしょう。
それは借りた当時は彼らは高校生とかのはずですから、そのときには仕事はしていないですし、収入もないです。
そうなると、将来就職して収入を得て、その中から返済していくつもりで借りるし、貸すはずです。
しかし、それは予定であって、予定通りにいかないことも多々あるでしょう。
その予定通りにいかなかったケースで奨学金の返済が滞るという事態になってしまうのではないでしょうか?
そうであれば、奨学金の問題同様に返せる当てがないような借金をすると、そういう事態にありかねません。
返せる当てがないと通常は消費者金融などは貸してくれませんけど、闇金などの選択肢もありますから、返せる自信がないという人でも借りられないことはないと思います。
そういうところを利用してはいけないということを含めて、返せる自信がない借金をする怖さを知っておくべきではないでしょうか?
では、最後におすすめのサイトを1つご紹介したいと思います。
借金が返済できない男性の体験談です。
このサイトを見れば、借金というものについてしっかりと認識できるかと思います。
↓ ↓ ↓ ↓

借金返済がもう限界だった私が4ヶ月後…こうなった!この方法で

初めて借金をする際に考えるべきこと

借金は日常生活で足りないお金を借りると対処しやすく、事前に仕組みを確かめて滞納をせずに正しく使うことを心がけることが大事です。お金を借りる場合は会社が求める条件を満たす必要があり、過去に滞納した回数が多い時や安定して収入を確保できないと審査に通らないため利用できないことを認識して今後の段取りを決める必要があります。お金を借りる方法はローンやキャッシングなどがあり、金利や使い方などが異なるため初めての場合は仕組みを確かめて最適な方法を探す方法が望ましいです。
初めて借金をする時は今後の収入の状況を確かめ、失敗をしないように金銭計画を立て責任を持って使う必要があります。返済方法は今後の収入の状況に合わせて選べますが安易に考えて回数を増やし過ぎると危険なため、返済シミュレーションで金額の目安を確かめて判断する方法が望ましいです。多重債務は責任を持ってすることが重要で、金利の状況を把握して利息が増えすぎないように金銭計画を立てることが求められます。
初めて借金をする時に考えるべきことは金銭感覚を麻痺しやすいと利息が増えすぎるため危険になりやすく、収支のバランスを考えて計画的に使うことを心がけることです。

両親の借金癖

私の両親は、常に借金のある生活を送っています。
幼い頃は”うちは借金があって苦しいからわがままを言ってはいけない”と思っていました。
しかし、大人になり自分が働くようになってからは両親のお金の使い方にすごく疑問を感じるようになりました。
何故なら両親は、欲しい物が出来た時にすぐに手に入れないと気がすまない性格だからです。
しかも、どう考えても借金なのに、健康のために必要だから仕方がないと言い訳するんです。
なぜ、貯金をしてから購入を考えられないのかと不思議でなりません。
しかも、安物買いの銭失いという言葉があるように、安いと得意気に買った健康器具も使ってみたら怪我をして「やっぱり安物はあかん」と言ったかと思うとそのままお蔵入りすることがよくあります。
その安物でさえも借金で買っているのに、どうして買う前によく考える事ができないのでしょうか。
そういう意味でも、欲しいと思ったらその物の価格分の貯金をする時間を取ることは冷静に本当に必要な物なのかと考えるきっかけになるのではないかと思うのです。
こういう私の考え方は、やはり借金のある生活があったからこそだとも思うので両親の行為が全くの無駄だったとは言いません。
しかし、これから先両親も歳を取っていくしこのまま借金のある状態を当然のような生活をしていたら結局は娘である私にも身に覚えのない借金返済という現実が降り掛かってくると思うと、借金癖は治して欲しいなと切に願うところです。

借金の為の借金生活

借金というのは肉体的にも精神的にも大変です。
人間というのは元々プラス成長し続けることが前提の生き物であって、それがもし仮にマイナス成長に陥ったらということを想像すると、その時の心理状態がいかに異常であるかという事が体感できるのではないでしょうか。
借金には必ず利払いが発生しますが、そのパーセンテージや支払い方法により中々元本が減っていかないというものが存在します。
私はかつて一般的なローンと、その時に賄いきれなかった必要物資を得るためにリボルビング払いによっての支払決済していたことがあります。
リボルビング払いとうものは今でこそ勉強したのでその仕組みが良く分かりますが、元々債務者にとっては物凄く不利に設計されている制度であって、極力その利子部分を大きくし支払い自体を長引かせるものです。
ですのでそれを支払い続けている当時というのは、毎月コンスタントに返済しているにも関わらず元本が減少しない、つまり資産がプラスに転じないという大変なストレス状態で、新たな投資も出来ず息抜きの遊びも一切出来ないというかなり辛い日々でした。
支払い構造を学んでからは、毎月少しでも多く上乗せした額を返済しましたので何とか完済できましたが、やはり借金の為の借金という地獄の様な暮らしは、もう二度と味わいたくないですね。