カードローンの延滞によって生じる問題と適切な対策

カードローンの延滞によって生じる問題と適切な対策

カードローンで借りたお金の返済が遅れてしまうと、カードローン会社から返済を催促する連絡が来てしまいます。利用者のプライバシー保護の為に、連絡は個人宛てに行われるのが一般的です。しかし、連絡が取れない場合や尚も延滞が続く場合には勤務先に連絡が来てしまう可能性もあるので、注意しましょう。
返済に遅延が生じた場合に発生する問題のもう一つが、遅延損害金です。これは延滞に対する罰金のようなもので、通常の利息に加え、各カードローン会社が定める損害遅延金を支払わなければなりません。カードローン会社では遅延損害金が年率20%に設定されていることが多いので、仮に低金利でカードローンを利用していたとしても、延滞によって生じる利息負担が劇的に増えてしまうことになります。
遅延損害金は、返済期日を一日でも過ぎてしまうと発生することになります。きちんと返済するまで遅延損害金の利率が適用になってしまうので、一日も早く返済することが求められます。
どうしても返済期日に返済資金が集まらない場合は、必ず事前にカードローン会社に相談しておきましょう。事前に相談をしていても遅延損害金は発生してしまいますが、事前にきちんと返済予定日を連絡しておけば、催促の連絡が来る心配はなくなります。また、場合によっては利息分のみの支払い等で対応してくれるカードローン会社もあるので、返済に遅れそうな時はきちんと適切な行動をとるようにしましょう。