借金にも時効は存在するのか

借金にも時効は存在するのか

良く、事件等で未解決のまま月日が流れて何年後かに時効を迎えると言いますが、簡単に言えば時効とは物事が一定の期間を過ぎる事でその事が無効になってします事を言います。

ちなみに借金もずっと払い続けないでいると時効となるのか、と言う事に関してですが、結論から言えば借金にも時効は存在します。

借金の時効とはどのような物か、と言うとまず時効とは消滅時効と取得時効の2種類があり、借金に関係ある時効は前者の消滅時効となります。

消滅時効とは、一定の期間、権利が行使されなかった場合、その権利を消滅させる時効の事を指し、つまり一定の期間借金を主張しない場合に限り時効は成立する、と言う事になります。

では借金の時効についての期間ですが、まず債権者と債務者との間で金銭消費貸借契約と言うのを結び、その翌日から法人等が利用する商用目的の借金であれば5年、個人の借金であれば10年となります。

時効の注意点として、金銭消費貸借契約を交わしてから時効が進むのですが、これはあくまでも契約を交わしてから一度も返済がなかった場合のみに対してであって、一度でも返済を行った場合は返済の翌日からまた更に5年ないし10年で時効、となります。

もう一つの注意点としては、あくまでも権利を行使しなかった場合、と言う部分です、これは債権者が債務者に対して借金を主張しなかった場合、と言う訳で、その間に一度でも借金を主張された場合はその時点で時効は無効となり、返済しなかったからと言って時効を主張する事が出来なくなってしまいます。